このページの先頭へ

informationラグビーワールドカップ2019™日本大会情報

釜石開催の試合日程

来県チーム情報

フィジー

◎出場/6大会連続8度目
◎世界ランキング/8位(2019.1.7現在)
◎人口/89万人
◎愛称/フライング・フィジアンズ
◎RWCの戦績/87、07年ベスト8、99年準々決勝進出(ベスト11)
◎前回の戦績/プール戦敗退(1勝3敗)
◎プール戦の日程/9月21日 対オーストラリア(札幌)、9月25日 対ウルグアイ(釜石)、10月3日 対ジョージア(花園)、10月9日 対ウェールズ(大分)
◎チームの特徴/
・2016年リオデジャネイロ五輪7人制初代王者
・パスワークとランニングラグビーで相手を翻弄する

ウルグアイ

◎出場/2大会連続4度目
◎世界ランキング/17位(2019.1.7現在)
◎人口/349万人
◎愛称/ロス・テロス
◎RWCの戦績/3大会ともプール戦敗退、通算2勝
◎前回の戦績/プール戦敗退(4敗)
◎プール戦の日程/9月25日 対フィジー(釜石)、9月29日 対ジョージア(熊谷)、10月5日 対オーストラリア(大分)、10月13日 対ウェールズ(熊本)
◎チームの特徴/
・伝統的にFW、特にスクラムが強い
・強いFWを武器に戦うオーソドックスなスタイル

ナミビア

◎出場/6大会連続6度目
◎世界ランキング/22位(2019.1.7現在)
◎人口/237万人
◎愛称/ウエルウィッチアス
◎RWCの戦績/5大会連続プール戦敗退、19連敗
◎前回の戦績/プール戦敗退(4敗)
◎プール戦の日程/9月22日 対イタリア(花園)、9月28日 対南アフリカ(豊田)、10月6日 対ニュージーランド(東京)、10月13日 対カナダ(釜石)
◎チームの特徴/
・展開ラグビーと粘り強く闘志溢れるプレーが持ち味
・走力あるバックスを擁する

カナダ

◎出場/9大会連続9度目
◎世界ランキング/20位(2019.1.7現在)
◎人口/3666万人
◎愛称/メイプルリープス
◎RWCの戦績/91年ベスト8、移行6大会連続プール戦敗退
◎前回の戦績/プール戦敗退(4敗)
◎プール戦の日程/9月26日 対イタリア(福岡)、10月2日 対ニュージーランド(大分)、10月8日 対南アフリカ(神戸)、10月13日 対ナミビア(釜石)
◎チームの特徴/
・FWを中心に、キックで敵陣に入るオーソドックスなスタイル
・フィジカルが強く、近年はランニングラグビーを志向

釜石試合日のアクセス

 ラグビーワールドカップ2019™釜石会場での試合日には、釜石鵜住居復興スタジアムまで、次の交通手段により、御来場をお願いします。(バスは、同ルートでの復路便もあります)
 なお、ライナーバス等の予約申込みは、当ホームページにおいて6月25日から受付を開始しています。
 ○9月25日 フィジー代表Vウルグアイ代表戦のバス等の予約はこちら
 ○10月13日 ナミビア代表Vカナダ代表戦のバス等の予約はこちら

 ※ライナーバスやパーク&ライド駐車場、シャトルバスの出発地(全体図)については、こちらをご覧ください。

ご注意ください
7/27(土)は釜石鵜住居復興スタジアムへの自家用車・貸切バスでの乗り入れはできません。スタジアム周辺では交通規制が実施されます。

スタジアム周辺の交通渋滞を避けるため、送迎等をご遠慮くださいますようご協力をお願いいたします。

1. 交通手段

(1)鉄道

 スタジアム最寄り駅は三陸鉄道リアス線「鵜住居駅」となります。
 JR釜石線を御利用の方は、JR釜石駅で乗り換えが必要となります。
 釜石駅からスタジアムまでは、三陸鉄道リアス線または(4)シャトルバス(釜石駅隣接「シープラザ釜石駐車場」発着)を御利用ください。

(注)試合当日は混雑が予想されることから、列車にご乗車いただけない場合がございます。ライナーバス等、事前予約が可能な交通機関のご利用をおすすめします。

 (←新花巻駅方面) ===JR釜石線===釜石駅———三陸鉄道リアス線———鵜住居駅 (宮古駅方面→)

(2)ライナーバス(要予約・有料)

 盛岡駅、いわて花巻空港(新花巻駅経由)、新花巻駅、北上駅、水沢江刺駅、一ノ関駅、宮古駅、盛駅からスタジアムへ直通するライナーバスを運行します。
 なお、同ルートでの復路便も運航します。

出発地 乗車場所 スタジアムまでの所要時間
盛岡駅 西口バスターミナル 約2時間30分
いわて花巻空港(新花巻駅経由) バス用駐車場 約1時間50分
新花巻駅 西口ロータリー 約1時間30分
北上駅 東口ロータリー 約1時間30分
水沢江刺駅 西口ロータリー 約1時間30分
一ノ関駅 西口ロータリー 約2時間30分
宮古駅 駅前ロータリー 約45分
盛駅 東口ロータリー 約45分

(3)パーク&バスライド駐車場(要予約・有料)

 大槌町内、遠野市内、釜石市平田地区に自家用車を駐車し、スタジアム行きのバスに乗り換えるパーク&ライド駐車場を設置します。
 パーク&ライド駐車場からスタジアムまでの間は、シャトルバスを御利用いただけます。

駐車場所 シャトルバス乗車場所 スタジアムまでの所要時間
大槌町内 大槌町職員駐車場 大槌文化交流センター 約15分
新町グラウンド駐車場
遠野市内 遠野運動公園 遠野運動公園駐車場 約50分
釜石市平田地区 水産技術センター隣接地 駐車場内 約25分
岩手大学釜石キャンパス隣接地 岩手大学釜石キャンパス駐車場

(4)シャトルバス(要予約・有料)

 釜石市民ホール(ファンゾーン)及びシープラザ釜石から、スタジアムまでシャトルバスを運行します。

出発地 スタジアムまでの所要時間
釜石市民ホール(ファンゾーン) 約20分
シープラザ釜石 約25分

 ※シープラザ釜石は釜石駅に隣接しており、駐車場から発着します。

【復路のみ】
 釜石市内から各ライナーバス出発地及びパーク&ライド駐車場(釜石市平田地区)へのシャトルバス(要予約・有料)

 試合終了後、観客の皆様にファンゾーンでお楽しみいただけるよう、シープラザ釜石から各ライナーバスの出発地(8か所)までのライナーバス及び釜石市平田地区のパーク&ライド駐車場までのシャトルバスを運行します(ファンゾーンからシープラザ釜石までは約1km、徒歩約15分)。
 パーク&ライド駐車場を利用され、ファンゾーンへの立ち寄りを予定される方は、釜石市平田地区の駐車場を御利用ください。

出発地 到着地
シープラザ釜石 盛岡駅
いわて花巻空港(新花巻駅経由)
新花巻駅
北上駅
水沢江刺駅
一ノ関駅
宮古駅
盛駅
釜石市平田地区パーク&ライド駐車場

(5)自転車・原付バイク

 特設駐輪場をご用意しております。
 ※オートバイは、(3)パーク&ライド駐車場をご利用ください。

2. 利用料金及び予約申込

(1)利用料金

交通手段 利用料金 備考
ライナーバス 1人当たり片道1,000円 往復でご利用いただく場合、往路・復路でそれぞれ御購入ください。
パーク&ライド駐車場 車両1台当たり1,000円 駐車場とスタジアム間で運行するシャトルバスは無料です。
シャトルバス 1人1日あたり 500円 1日券となりますので往復で利用いただけます。

(2)予約申込

(3)申込例

 ① ライナーバスを利用し往復する場合(ファンゾーンに立ち寄らない場合)

予約申込み対象 金額
各拠点 ⇒ スタジアム(ライナーバス) 1,000円/人
スタジアム ⇒ 各拠点(ライナーバス) 1,000円/人
合計 2,000円/人

 ② ライナーバスを利用して来場し、試合終了後ファンゾーンに立ち寄ってライナーバスにより帰宅する場合

予約申込み対象 金額
各拠点 ⇒ スタジアム(ライナーバス) 1,000円/人
スタジアム ⇒ ファンゾーン(シャトルバス利用券) 1日あたり500円/人
シープラザ釜石 ⇒ 各拠点(ライナーバス) 1,000円/人
合計 2,500円/人

 ③ パーク&ライド駐車場を利用する場合(ファンゾーンに立ち寄らない場合)

予約申込み対象 金額
各パーク&ライド駐車場 1,000円/台

 ④ パーク&ライド駐車場を利用する場合(試合終了後にファンゾーンに立ち寄る場合)

予約申込み対象 金額
平田地区パーク&ライド駐車場 1,000円/台
スタジアム ⇒ ファンゾーン(シャトルバス利用券) 1日あたり500円/人
シープラザ釜石 ⇒ 平田地区パーク&ライド駐車場
合計 1,000円+500円×人数

釜石鵜住居復興スタジアム

【スタジアム整備概要】

◎収容人数 常設6,000 席(RWC2019 開催時約16,000席)
◎グラウンド整備 メイングラウンド(ハイブリッド天然芝)
 約11,000 ㎡(約130m×80m)
◎サブグラウンド 約10,000 ㎡(約120m×78m)
◎広場:敷地面積 約90,000㎡
◎(常設)屋外トイレ:5箇所
◎今後整備する仮設施設の概要
・ 仮設スタンド 約10,000席(2019年6月末完成予定)
・ 仮設トイレ  約240基
・ 大型映像装置 2台(519インチ)
・ 競技フィールド用照明 大型照明車4台
・ 諸室整備   各種ユニットハウス、テント  など

◎駐車場:試合日当日には、スタジアム周辺に観客の皆様が御利用いただける駐車場はありません。

【市民の夢と希望と勇気を乗せたスタジアム整備へ】

釜石市は、2019 年にアジアで初開催されるラグビーワールドカップ2019™日本大会の復興のシンボルとして、そして将来を担う子どもたちに夢と希望と勇気を与えるため開催都市に立候補し、2015 年3月に開催都市に選ばれました。国内12の開催都市の中で、唯一スタジアム会場を持たなかった釜石市は、東日本大震災からの復興を目指して次の考え方により『釜石鵜住居復興スタジアム』を新たに整備しました。

①三陸被災地のスポーツ施設不足を解消し、県民が集い、スポーツを楽しめる。
②国際・国内スポーツ大会をはじめ各種多様なイベント開催ができる。 (音楽・芸術・国際交流等)
③医療福祉目的の健康体力づくり施設として有効活用できる。
④震災の記憶と防災の知恵を伝える。
⑤ラグビー日本選手権V7・RWC レガシー(遺産) を伝える。
⑥釜石フィールドミュージアムを構成。(自然環境、歴史文化を野外活動として学習体験)

【夢の舞台は防災を象徴する場所】

ー釜石市立釜石東中学校・釜石市立鵜住居小学校跡地ー
〜小中学校生約600 人が一緒に駆けて逃げたシンボリックな場所〜

2011 年の東日本大震災の際、手に手をとって逃げて助かった鵜住居小・東中の児童、生徒たちを含めて、子供たちの率先避難行動は、世界中に広く紹介されました。
小中学校跡地に建設された釜石鵜住居復興スタジアムは、釜石市の防災の考え方を広く発信しながら震災の記憶と防災の知恵を伝えるものです。

【スタジアムの特徴】

◎震災からの大きな羽ばたき・新たな船出

メインスタンドの大きな屋根幕は、鳥の羽根や、船の帆をイメージして造られました。これは震災からの大きな羽ばたきや新たな船出とし、復興を目指した新たなスタートをイメージしているものです。
※屋根幕は最長部分で約67m

◎釜石の自然空間が感じられるスタジアムへ

2017年5月に釜石市で発生した尾崎半島山林火災の被害木(スギ約800本)を活用して、木製シート4,990席、ベンチ108基、トイレ2棟、日よけのためのルーバーを設置し、自然豊かな釜石特有の自然空間で、世界中の来訪者をおもてなしします。

◎他地域との絆が感じられるスタジアムへ

スタジアム整備に伴い、メインスタンドの最前列へ、北上市(旧国立競技場寄贈)、熊本県、東京ドームから寄贈を受けた青い座席を600席設置し、「絆シート」として活用することで、多方面からの支援によるスタジアム完成の感謝の気持ちを広く発信するものです。

◎最高のグラウンドコンディションを提供

メイングラウンドには、優れた耐久性と衝撃吸収性のほかメンテナンス性にも優れる、床土改良型のハイブリッド天然芝を採用することで、世界最高のパフォーマンスに必要なグラウンドコンディションを提供することができます。※床土改良型ハイブリッド芝は釜石が日本初導入

チケット情報

【これから予定されているチケット販売】

◎第三次一般販売(先着)は終了しました。

◎第四次一般販売(先着)
 販売期間/2019年8月10日(土)18:00〜
 ※全て日本時間です

詳細は、大会公式チケットサイトをご覧ください。

【釜石開催試合・チケット料金】

カテゴリーA:¥10,000-
カテゴリーB:¥7,000-
カテゴリーC:¥4,000-(こども¥2,000-)
カテゴリーD:¥2,019-(こども¥1,000-)

【釜石鵜住居復興スタジアム座席カテゴリ】

ファンゾーン

ファンゾーンとは、ラグビーワールドカップ2019™(以下、「RWC2019」という。)の大会期間中に、開催都市に設置され、大型スクリーンによる試合映像の放映(パブリックビューイング)や、ケータリング、RWCのコマーシャルパートナーによるプロモーション活動、ラグビーの普及活動等が⾏われるイベントスペースです。岩手・釜石でも、RWC2019開催期間中、釜石市民ホール「TETTO」を会場に、30日間開催する予定です。ゲストやイベント内容など、詳細が決まり次第、本サイトに掲載しますので、お楽しみに!

岩手・釜石ファンゾーン会場

◎会場/釜石市民ホール「TETTO」
◎開催日/RWC2019開催期間中
(2019年9月20日から11月2日までのうち、30日間)
◎ゲスト・イベント内容
 決まり次第、当ホームページでお知らせします

パブリックビューイング

RWC2019™日本大会をオール岩手で楽しむことができるよう、釜石鵜住居復興スタジアムでの試合や、日本代表戦などを観戦できるパブリックビューイングを、県内各地で実施する予定です。実施日や会場については、決まり次第、お知らせします!

公認チームキャンプ地情報


フィジー
宮古市 >

ウルグアイ
北上市 >
釜石市 >

カナダ
釜石市 >

パンフレット

TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.

MENU