このページの先頭へ

newsニュース

試合会場への食品の持ち込み禁止物規制緩和について

2019.09.23 更新

ラグビーワールドカップ2019日本大会試合会場でご観戦予定の皆様へ

公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、これまで設定してきた会場内への持込禁止規制において、一部の規制を緩和することを決定しましたので、お知らせいたします。

開幕戦以降、非常に多くのご観戦者にご来場いただき改めて御礼申し上げます。

現在、一部試合会場内の食品販売店舗において、商品が売切れとなるなど、ご来場者の需要にお応えできない状況が発生していることから、会場を訪れる皆様に、より快適な観戦環境を提供するため、持込禁止物の内、食品についての規制を緩和することといたしました。

緩和の対象は、食品(個人で消費できる程度の量)に限り、飲料についてはこれまで通り持込禁止となります。尚、全ての会場に無料の給水所をご用意しておりますので、ご利用ください。

ラグビーワールドカップ2019日本大会は、引き続き最高の試合環境と観戦環境の準備に努め、皆様のご来場をお待ちしております。

◆規制緩和の対象日:9月23日(月)以降の全ての試合(※)
◆規制緩和の内容 :食品全般(個人で消費できる程度の量の持ち込みを可とする) 

飲料はこれまで通り持込禁止です。

※9月23日(月)ウェールズ v ジョージア(豊田スタジアム 19:15キックオフ)より適用。


公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会

公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会のニュース記事へ

戻る

MENU